祭りの日に中間テスト補習!

  

























   地域の秋祭りの日、鮮やかな着物に化粧をした小学生4人が神輿の上で太鼓を打ち鳴らしながら地域を練りまわります。

   その日は中間テスト対策の真っ最中!
太鼓の音がどんどん大きくなり神輿が到着した時、補習を受けていたのは中3生たち。

        神輿が家の前に到着すると、毎年家の前で力いっぱい太鼓を打ってくれます。その様子を見守るために玄関で待ち構えていたわが塾生たち。15名の中には過去打ち子だった人もいて、懐かしい思いで見守っていました。

   神輿を担ぐおじさんたちが、
「しっかり勉強せえよ〜」
「入試はぜーったい受かる!!」
と声をかけて行ってくれました。

   いい気晴らしになったね。さあ、もうひと頑張りです。


受験生面談

   夏休みに実施した志望校判定テスト並びに徳島県統一模試の結果が返ってきました。
全体的によくできていて、英語と数学に関して言えば、校内平均が県の平均に比べ10点から20点ほど上回っている、30点近く引き離した学年もあるという驚くべき結果でした。

   先日、受験生である3年生にだけ懇談の時間をとり、一人ひとりに結果を手渡しながら今後のことを話しました。

   入試まで後5カ月、中3高3のこの時期はやればやるだけ学力は伸びる。
相当伸びる。かなり伸びる。
一生のうちでこんなに大きなチャンスはない。
苦しめば苦しむほど人間力も上がり、将来きっと役に立つ。
危機感と緊張感を持って努力し、自分の未来をよりよく変えよう。
努力できる人が最後には勝つ。
どんな時でもどんな状況でも努力し続けてほしい。
5カ月後には見違えるほどの学力と人間力が身に付き、より魅力的な人間になっているよ。  

   少し臭かったかもしれませんが、こんなことを話しました。
少しでも響いてくれていれば嬉しいです。

   

個別懇談を終えて

   約2週間に渡って行われた保護者との個別懇談を無事終えることができました。

   今回特に共通の話題だったのが、「子どもがやる気にならない。」「家で反抗的で困っている。」
 
「言えば言うほど勉強から遠ざかるが、言わなければ言わないで余計にやらない。」
 
といったお母様方の悩み。なぜか男の子に多いように思われました。
   うちには男の子が3人います。性格も学力も全然違います。
自分の過去の体験談を交えアドバイスさせていただきましたが、何が正解かはその子その子によってわかりません。むしろ、いつも自分の子に関心を持ち懸命に向きあい、冷静にかつ真剣に出した結論なら全て正解なのです。
 保護者の皆様、何か心配事があればいつでも相談に乗らせていただきます。一緒に考えていきましょう。

夏期講習日程

   夏期講習の日程が決まりました。

   小学生は、国語と算数を小4、5クラスと小6クラスに分けました。何らかの事情で欠席された人は、1日だけ予備日に振り替えが可能です。
英語は、クラスをAとBに分けました。
Aは、フォニックス学習とリスニング中心の授業になります。できるだけ授業を英語で行うどちらかと言えば英会話チックな感じで、経験者の多いクラスです。
Bは、アルファベット、ローマ字から中1の1学期までを学習するライティング中心の授業になります。
初心者の方はこちらを選んでください。  

   中3はAクラス(17:00〜18:50)とBクラス(15:00〜16:50)に成績順で分けました。
夏期講習受講を希望の方は、まだ余裕があります。
中1中2クラスもまだ受け付けております。
中3生のみ9月以降、新規生の受け入れはしておりません。

   夏期講習の受講希望の方は、ブログを見たとおっしゃってください。特典を用意しています。
また、費用は塾生と同額にさせていただきます。

   夏期講習中、英検準2級対策講座を開講します。
110分✖️4回で受講費用は21600円です。10月の英検で一次が受かった場合、二次の面接まで対応させていただきます。一次不合格の場合は費用を全額お返しさせていただきます。


英検のすすめ

   2020年、日本の教育は大きな転換期を迎えようとしています。小学5年6年で英語が教科化、大学入試センター試験は大学入学共通テストに変わります。

   特に、英語は大変革です。グローバル化を意識して、英語は「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能が重視されます。共通テストでは4技能をバランスよく評価することを目指しています。
ただ、約50万人の受験者を同時に評価するのは難しい。そこで、英検やTOEICなど大学入試センターが認める民間検定試験を活用する方針で、センターを通して各大学に民間試験の成績が提供される仕組みが検討されています。
   
   すでに上智大学や立教大学をはじめ多くの大学で、外部の資格検定試験を受験して結果のスコアを提出すれば、英語の試験は免除になる制度が立ち上がっているのです。

   推薦、AO入試に限らず、英語外部資格、検定試験の活用が進んでいます。その中でも、英検の採用率は90%を超えているそうです。

   こういった背景からエムズでも、小学校、中学校のできるだけ早い段階から検定に慣れさせる為、英検受験を勧めています。

   今日はその英検の日です。
朝から少し緊張した顔ぶれが揃い、準会場である塾での受験に意識を集中している様子です。
今回、万が一不合格の場合は2度目以降の検定料金はすべて塾が負担するという約束をしました。
   
   第2回英検は10月の予定です。
一般の方でも塾生と同じ金額で受験可能です。みなさん、英検に挑戦してみませんか?
申し込みをされる方は直接塾の方へお越しください。