高校入試リハーサルの効果

 2月に入り、日曜日ごとに受験生に向け入試リハーサルを実施しています。

 

今回2回目になるこのリハーサル、本番の入試さながらにテストの開始時間、終了時間、休憩時間に至るまで、すべて当日の入試に合わせて過去問を解くというものです。

 

科目と科目の間の20分の休憩時間の過ごし方まで指導します。緊張感を持って過去の入試問題に挑戦するので徳島県の入試の傾向や特色に慣れ、時間配分を体で習得することができます。入試と基礎学の難易度はほぼ同程度のものですが、教科による違いはありそうです。

 

我が塾生によれば、国語の難易度はほぼ同じ、数学は入試が難しく、理科・社会は入試が簡単。英語は入試のほうがかなり易しいという見解です。

 

今回した英語の過去問(平成24年度入試版)は、平均が85点以上という、うちにすれば高得点をマークしました。

英語は長文はもちろん英作文が鍵だと教えてきたのですが、今回は本当によくできていました。冠詞や複数形のsの脱落もなく、関係代名詞の使い方や比較もバッチリでした。

 

 毎年、4回から5回の入試リハーサルで約1か月の間に合計点が平均50点は伸びます。(もともと450点近くある人はむずかしいですが。)

 

それはなぜでしょう?

 

真剣な態度で解いた問題を真剣に解説を聞き、真剣に解き直し、思い込みを真剣に修正した結果、各教科10点は拾えるということです。

「2点でも3点でも拾いたい。」という点数へのこだわりが入試本番でベストスコアをたたき出すコツでもあるわけです。

 

M'Sの塾生たちは本番に強い!

 

そのことを忘れず頑張ってほしいと思います。

あとひと息です!

今回の個人懇談に関してのお話


 1222日より実施予定の個別懇談に際しまして、先週小学校のグループLINEで懇談内容を保護者の皆さまにお伝えしたところ、何人かのお母様から事前に具体的な資料がほしいというお声があり、この度の文書作成に至りました。

 

 小学校教科書改訂について、大学入試改革にともなう影響、M'sの今後の方針について、少し具体的にお話させていただきます。

 

 

 長文になりますが、ご一読いただければ幸いです。


小学校教科書改訂

 小学校では、2020年度から新しい学習指導要領が全面実施されます。

今回の改訂では、子どもたちがこれからの社会を切り拓いていくための資質・能力を、より確実に身につけることが目指されています。

 

  1. 実際の社会や生活で生きて働く知識及び技能
  2. 未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力など
  3. 学んだことを人生や社会に生かそうとする学びに向かう力・人間性など

 これら3つの力をバランスよく育むというのが新しい指導要領の大きな目標となります。

 

 

 小学校のカリキュラムでの大きな変化としては、「外国語(英語)」と「道徳」の教科化が挙げられます。

 英語はよく言われている 四技能(聞くこと、読むこと、話すこと、書くこと)をバランスよく身につけることが求められ、従来のような文法ありきの英語学習とは違い、伝えたいことを必要な場面で伝える力が求められます。

 


大学入試制度改革にともなう影響

 センター試験の後継である「大学入学共通テスト」は、最初の試験が2021年1月に実施されます。

 

 共通テストは、「知識・技能」だけでなく、大学入学段階で求められる「思考力・判断力・表現力」を一層重視するという考えがベースにあります。記述問題についても、その一環と言えます。

 

 

 ここで、今まで二転三転してきた情報とニュースをまとめてみましょう。


◎英語民間試験を導入することに関して

 8月に英検協会の本部である広島まで赴き、民間試験に関するセミナーに参加しました。その時の内容です。

 

  • 共通テストを受験するには、英検準2級以上の資格を有する
  • 共通テストには、英検を高3の4月~12月までに取得したものにしか採用されない
  • 検定は、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能で採点
  • 実施概要は極めて不明瞭かつ複雑

 

 

 最後は私の個人的な感想です。⇒ 実質、民間テスト導入は見合わせ

 

 以前、小学生・中学生の保護者の皆さまに英検受検を呼びかけた私としましては、非常に不本意な結果となり、内心はかなり複雑です。

◎国語の記述問題についての不平等感

 マークシートだったセンターに比べ、共通テストは記述式。

特に国語は採点者の主観が入り、不平等感が否めない。

 

 ⇒おそらく、国語の記述式テストというのは無理でしょう。従来通りのマークシートになる可能性が大です。

◎センターを廃止するにあたっての高校生の反対デモ

 ある全国でもトップレベルの難関校の現役高校2年生たち数名が文部科学省の門前でセンター廃止に反対するデモを行ったことから現行のセンター試験に戻すようにと声を上げる政治家が急増。

 

 ⇒大学入試共通テストをセンター試験に戻す動きがあるそうです。

日本の教育現場はこのように不明瞭で一貫性のない改革に不安を抱え、混乱を隠せない状況です。

 

は、大学入学改革に塾はどのように関わっていけばいいのか?

 近年のAI台頭と現在進行中の第4次産業革命にともない、大学進学者の知的能力が上位2割を除くとAIで代替される可能性が高まっているといわれる時代に今の子どもたちはあります。

 

 目指す大学そのものが近い将来なくなる、大学に行ってもその先仕事がない、そういう可能性がある中で、当塾が目の前の学校に合格すればいいという姿勢で指導していくことは、この先ありません。

 

私たちの使命は、社会の現状と入試の本質について正しい知識を保護者各位に伝え、先に言う「上位2割」の大学に到達できる、いやその意欲のある、AIに代替されない能力を持った人材を育成することだと考えております。


M'S School はこう変わる!

M'S 改革

 

◎国語力強化に漢検・文章検を活用

 新設クラスを開講

 

 今から7,8年前M'Sを開校して間もない頃です。

* 英語 実力テスト 塾生全員100点!(この時は生徒の前で泣きました)

* 塾生全員が学年で10位以内達成!

* 学年トップ1位から3位までがM'Sの塾生

 

これはすべて違う学年ですが、中3の時の出来事です。

今思えば、学力的にはM'Sの黄金時代だったのではと思います。

この頃から「M'Sにはできる子しか行ってない。」

「M'Sに行けば成績が上がる。」

という噂が広まったようです。もちろん、当時の生徒と今の子達、持っている力は何も変わりません。

ただ、国語力だけは年々低下しているのが現状です。

今にして思えば、当時世間でもM'Sでも漢検がブームになっていたのです。

 高校までにとると大学入試に有効な検定ものは何?と塾関係者に聞くと迷わず漢検!と答えるでしょう。

漢検は漢字能力だけでなく語彙力を伸ばします。

加えて、文章を書くことはは表現力を養います。これは国語力の根幹をなす部分です。

特に小学生からの受験を勧めていきます。

 

     

◎月謝面の改訂

 

 2020年度よりお月謝を銀行引き落としにさせていただきます。

加えてM'Sのお月謝ですが、開校当初より小学校の教科書が改訂される年に見直しする旨、決めておりましたので実行させていただくことに相成りました。

 私としましては、月謝が安いからではなく、指導力やサービスが充実しているから当塾を選んでいただいたと思いたいです。

 また、M'S開校11年目の自信と塾講師25年以上の経験と実績を持って、月謝以上のサービスを提供してきたと自負しております。

 このような理由で、来年度より月謝を改訂させていただきます。どうかご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 詳細は次の通りです。

 

 小学ゼミ 国語、算数を英語の料金と同額¥6600にさせていただきます。

 (但し、英、国、算3教科受講の場合、値引きあり。)

 

 中学ゼミ 英、数単科での受講を可能とし、

  1教科 ¥7700⇒¥8800

  2教科セット ¥15400⇒¥16500

 

 

◎時間帯の改訂

 

 小学生 16:30∼17:20 17:30∼18:20

 中学生 19:00~20:20 20:30~21:50

 

 前々から入れ替わりの時間を作ってくださいとの保護者様からの要望がありました。

 時間が短縮されたかに思われますが、現状の入れ替わりの時間を含めば時間的には変わりはありません。

 5分前着席をお願いしたいと思います。

 

 

◎個別指導部門を充実

◎小学生の補習を強化

◎中学生の補習を定期化

◎保護者の皆さまとの連携・24時間相談対応

 

 以上が、M'Sの主な改革内容です。

 

 ご一読ありがとうございました。

期末テストの結果がぼちぼち・・・


11月26日~28日までの3日間、中学校では2学期期末テストが実施されました。

 

定期テストの徹底的な補習がM’sの売りの一つでもあります。

 

直前の土日の23日、24日は各学年で3時間に及ぶ補習が取り行われ、最終的に英数においては、できるだけ満点に近い点をたたき出せるように徹底的に過去問をやり上げます。

 

学年によっては本当に去年度~2、3年前の過去問をして採点すると、安定して96点以上の点数が並び、感動することもありますが、どんなに簡単なテストでも、さすがに満点は難しいものです。

 

それでも限られた範囲で何度も何度も同じような問題をしていると、そのうち塾生たちは、問題の傾向がわかってきます。

 

「同じ問題は2度と間違わない!」

「同じ過ちは繰り返さない!」

 

これが、M'sが定期テストに強い秘訣でもあります。

 

今日、中1の授業で戻ってきたテスト結果を聞いたとき、

 

「数学!?すごい!何これ!もしかして簡単だった?」

と思わず聞いてしまうほど、96点以上の高得点が並んでいたんです。

 

「先生、補習でしたのと全く同じ問題ばかりでした。私、補習の大切さがすごくわかりました。」

 

「でも、理科と社会が・・・ひどいことになってます。」

 

 

補習の大切さがわかってくれたのは私としても大きな喜びです。

理科や社会なんて、英数が点数が取れていれば、後で何とでもなります。

伸びしろがあっていいです。

 

中3生は、入試の勉強と期末の勉強の両立は大変でしたね。

実技教科が邪魔になったようです。

 

何はともあれ、お疲れ様でした。

中3の英語の点数が驚くべき進化・・・


11月20日に中3生に向け、第2回基礎学力テストが実施されます。

 

夏以降、英語と数学においては着々と実力をつけてきているわがM’s生たちですが、まだ他人事のようなところが否めず、受験生らしからぬふわふわしたところは多々あります。

 

しっかり者の女子に比べ、男子は幼くて、でも純真!

 

本当に神様に感謝したい程、いい子達の集まりです。

この子たちを一人残らず、志望校に合格させなければなりません。

 

いつもなら受験生たちに飴とムチを使いわけながら、やれ努力が足りないとか、やれもっと真剣にもっと必死になって取り組めとか、熱く熱く語っている時期なのですが、

 

今年は少し違う気がします。

 

みんなそれぞれに自分のペースで頑張っている?

頑張っている人に、もっと頑張れとは言いにくいものです。

 

先日、平成27年度の第2回基礎学力テストの過去問題をさせてみました。

 

その結果、英語に関して、驚くべき結果が出たのです。

 

上位から、100、100、98、98、97、97、97、97、92、

塾生の半数以上が90点以上ってやばくないですか?

 

 

「このテストって、みんな初めてしたんだよね?」

「あたりまえじゃないですか!!」

 

という会話がなされた程、驚いたのです!

 

簡単になったのかな?と思って、

その年の英語のN中学校の平均点を調べました。

 

すると、60点そこそこという結果。

良くも悪くもなくといったところです。

うちの塾生の平均点は、93点でした。

 

過去問とはいえ、基礎学でこの点は、

M's始まって以来快挙です。

 

本番も自信を持って頑張ってほしいものです。

 

仮装コンテストの結果発表


ハロウィンパーティーで開催した

仮装大会の結果を集計しました!

 

一位の人には景品があります!

 

 

✨第1位✨

 

K.Hくん(小4)

色がとてもカラフルで、一番目立っていました!

 

✨第2位✨

 

H.Kさん(中1)

全身ミニオンでとてもかわいいです!

✨第3位✨

 

M.Sくん(小5)

ハリーポッターになりきって

写真に写ってくれました!

今回、プチ仮装の子が多かったので

次回のハロウィンパーティーでは、

今回の入賞者ぐらい派手な仮装の子が増えるともっとにぎやかになりそうだなと期待しています。

 

文責M.N