中間テストの結果が返ってきた!

手のかけすぎ?M'Sの補習は異常!?

 

定期テスト対策の補習はやりすぎだとどれだけの人に言われ続けたことか。実際、私も迷うことはあります。

 

「これだけ手をかけて点を取らせて何の意味があるのか?」

「自分のしている事が生徒の自主性をうばっているのでは?」

「自分の力では勉強できない子を育てているのではないか?」

 

そう思っても最終的には、何と思われようと成績を上げる方法はこの方法しかないという思いにたどり着きます。

 

「努力すればできる。やったらできる。もっとすればもっとできるようになる。」

 

それをみんなに実感してほしい。そしていつか ひとりで勉強できるようなれば

 

「先生、今回は一人で勉強したいので、補習はいいです。」

と、ひとり立ちしてくれれば最高です。

 

さあ、中間テストの結果が返ってきました。

 

中一の数学は今回難しかったらしく、ほとんどが80点代(学年平均点53.6点)でした。

英語はかなりいいです。97点以上がちょうど当塾生の半数、M'Sの生徒が南部中の10位以内に100点で一番の人を含め6人いるという結果となりました。8割が90点越えでした。すごい!

 

中二は英語のほうが難しかったらしく、今一つでしたが、数学はかなり頑張って良い成績を残しました。ほぼ85点越え!

 

みんな!理科や社会も頑張れ!